‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-6-13 003号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQの東日本大震災の被災者救援活動に対してご支援、ご関心をお寄せくださる方々に、心より感謝いたします。
支援をいただいているみなさまに、RQの活動状況や今後の動きをお伝えします。
 

◆◆◆

 
先週末、歌津センターに行ってきましたが大失敗。帰りに乗る予定だったバスがダイヤ変更で無くなっていました。運良く、山形から被災地の様子を見に来た方に助けられ思わぬ珍道中に。公共交通機関を使うときは、事前の確認が大切ですね。皆さんも気をつけて。
 
さて、歌津では休園していた公立保育所で、草刈り&お掃除で開園準備のお手伝いをしてきました。帰京後、その保育園が3カ月ぶりに再開したことを、NHKのニュースで知り、たった1日だけのお手伝いでしたが、自分のことのようにうれしく思えました。
 
子どもたちのはしゃぎ声が戻り、またひとつ希望が増えました。
復興の時計は、いまも進んでいます。
(メルマチーム なべ)

●大切なお知らせ  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
RQのこれまでと今後のビジョン「RQシンポジウム」6月30日、開催決定。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
活動開始から3カ月。RQのこれまでの活動とボランティア体験者の報告、そしてRQの第2フェーズ(7月1日〜)を語る「RQシンポジウム」を 6月30日(木)、東京・国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。途中入退場もOK。ぜひご参加ください。
 
開場:14:30
開演:15:00(20時終了予定)
場所:東京代々木・国立オリンピック記念青少年総合センター
   国際交流棟 レセプションルーム
   東京都渋谷区代々木神園町3−1
 
プログラム
 
第1部 15:00〜17:40「RQの成立からこれまで」
 
・開会あいさつ
  高木幹夫(RQ市民災害救援センター代表・株式会社日能研代表)
・被災地の概況とRQの活動
  佐々木豊志(RQ東北現地本部本部長・くりこま高原自然学校代表)
・RQのデータ
  中垣真紀子(NPO法人日本エコツーリズムセンター理事・事務局長)
・RQを支えるボランティアリーダーの声
  新垣亜美さん・加藤裕章さん・塚原俊也さん
  鈴木淳子さん・八木和美さん
・被災地からの声
  千葉正海氏(伊里前契約会会長)
  畠山信氏(NPO法人森は海の恋人副理事長)
 
第2部 18:15〜20:00「中長期の復興支援に取り組むRQのこれから」
 
・RQのこれまでとこれから
  広瀬敏通(RQ市民災害救援センター総本部長・
   NPO法人日本エコツーリズムセンター代表)
・パネルディスカッション「RQはどこまでいくか」(人と人の契り、地域再生など)
  佐々木豊志・高木幹夫・千葉正海・畠山信・コーディネーター:広瀬敏通
 
→シンポジウムの詳細と申し込み
tokyo/7355
 
これからも「ものから人へ、人から地域に」を合い言葉に、継続的な支援を行います。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●先週のRQ
RQっていろんなコトで喜ばれているんやねぇ。では各拠点の活動報告です。
 
◎RQ登米本部
積み上げられた心の交流や時間の大切さ「お茶っこ」
tome/7267
 
◎RQ唐桑
牡蠣のいかだと塩キャベツ「二つの作業に励みました!」
karakuwa/7246
 
◎RQ歌津
家族、仲間との時間を再び「思い出写真クリーニング」
utatsu/6127
 
◎RQ河北
葉っぱや虫を見て、おおはしゃぎ!「整体と顕微鏡」
kahoku/7037
 
◎RQ東京本部
特別講義で活動を紹介「RQが明治大学の授業に!?」
tokyo/7464
 
●各拠点・チームからの短信
◎RQ登米本部
・デリバリーチーム「リアルタイムな被災地ニーズに向き合う」
被災された方に、モノだけでなく「情報」もお届けしています。「ライフライン復旧情報」
「地域の相談窓口」「雇用」「医療・福祉」「教育」といったリアルタイムな地域の情報を収集しているのは、情報担当(デリバリーヘルプ)。ドライバーが個人宅に訪問した際に必要な情報をお渡しするのはもちろん、情報担当から被災者の方へ直接ご案内することも多いです。
 
・架け橋チーム「人と人、今と未来をつなぐ、心の支援」
平日はバスで温泉への送迎をしていますが、毎週末(土日)には、避難所の子どもたちを『チャチャワールド』という遊園地に乗せていっています。元気いっぱいに遊ぶ子どもたちから、ボランティアもパワーをもらっています!
 
◎RQ河北
日焼け、熱中症対策をしっかりお願いします。
野外での活動では、以下のことに十分、ご注意ください。
 
・帽子、首てぬぐいなどの日焼け対策
・水分、塩分補給などの熱中症対策
 (粉末スポーツドリンクが便利です)
・安全のため暑くても長袖でお願いします。
 
◎RQ東京本部
RQボランティア経験者のためのページができました!
ボラOB/OGのメーリングリストを開設。情報共有に活用してください。
volunteer_obog
 
◎ウェブチーム
各拠点へのアクセス方法をウェブサイトに公開しました。
http://www.rq-center.net/wp/wp-content/uploads/2011/06/rq_acc.pdf
出発前に必ず最新情報をご自身でご確認ください。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼各地の報告会・イベント(6月30日までの予定)
 
6月19日  19時〜
名古屋・東区 ウィル愛知「東日本大震災 災害ボランティア活動報告会 in 名古屋」/杉本達哉、中村知昭、松久保正義、池上利也ほか
 
6月25日〜26日 12時30分〜
宮城・仙台 宮城教育大「震災からの再生×生物多様性×ESD -いのちと多様性とコミュニティをもとにした再生を-」/佐々木豊志、千葉正海、畠山信ほか
 
6月30日 15時〜
東京・代々木 国立オリンピック記念青少年総合センター「RQシンポジウム」
/広瀬敏通、佐々木豊志、千葉正海、畠山信、高木幹夫ほか
 
<詳しくはRQのトップページから>

 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●RQからのお願い「7月からもボランティアに来てください!」
 
RQは7月以降も支援を続けますが、現在、現地ボランティアは、6月末までに参加開始できる方のみ受け付けています。7月以降の申し込みはまもなく受付開始の予定です。もうしばらくお待ちください。※東京本部ボランティアは時期を問わず募集中です。
 
→ボランティアに申し込む
volunteer
 
現地ボランティア希望者向け「RQ説明会」東京本部で疑問や不安の解消を。週2回開催。体験者からの報告で、直近の様子も分かります。今週は6月15日(水)、18日(土)
 
→説明会に参加する
rqsetumeikai
 
●現地ボランティア以外の支援もあります。
 
→支援金を送る
6月8日12時現在 65,986,126円 です。ありがたく支援活動に使わせていただきます。
donation
 
→物資を送る
収入が絶たれ、RQの支援を頼りにする人たちがまだまだいます。
supplies
 
→広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどでご紹介ください。
過去のことにしてしまわないことも大切。ボランティアOG/OBとも情報共有を続けます。
volunteer_obog
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●ボランティアのつぶやきと想い、Twitterから拾ってます。
※RQ関連のツイートにはハッシュタグ  #rqcenter を!
 
昨日到着したボランティアは50名。週末だから多めらしい。男女半々くらいかな。元気で楽しい人が多い!
 
朝のテント村。RQ歌津センターではホトトギス、ウグイスの鳴き声が聞こえています。
 
【日本財団ROAD】RQ被災地女性支援センター発足!今回の東日本震災で被災された女性のみなさんに寄り添い、支えあう仕組みを作ります。ともに、痛みを分かち合い、ともに、あゆみましょう。
 
初のボランティア経験で感じたこといっぱい。耳かきや、裁縫セットが欲しいと言っていたおばあちゃん…

◆◆◆

 

今週のRQメルマいかがでしたか? 次回は6月20日(月)発行予定。どうぞお楽しみに!
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz