‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQ市民災害救援センター・メールマガジン

毎週ほぼ月曜日に配信 2011-6-20 004号

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQの東日本大震災の被災者救援活動に対してご支援、ご関心をお寄せくださる方々に、心より感謝いたします。支援をいただいているみなさまに、RQの活動状況や今後の動きをお伝えします。

 

◆◆◆

6月18日、震災発生から100日が経過。

私が、RQでボランティアを始めてから62日目になりました。

 

一体、どんな人がボランティアをしているんだろうと思ったことはありませんか。

この間、現地や東京で活動される大勢のボランティアに出会いましたが、ここRQは、国籍、年齢、性別を越えた人が集まる『ボランティアのるつぼ』です。

そして、多種多様な特技をもったボランティアの創意工夫がRQの活動そのものにつながっています。そんなRQの活動に励まされながら、私の仕事とボランティアの両立の日々が続いています。

 

毎週メルマでは、RQの活動報告とともに、日々奮闘しながら活動を続けるボランティアの声にも注目してお伝えしていきたいと思います。

(メルマチーム 栗林)

 

大切なお知らせ  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

■6月30日(木) RQのこれまでと今後のビジョン「RQシンポジウム」

tokyo/7355

 

RQでは、これまでの活動とボランティア体験者の報告、そしてRQの第2フェーズ(7月以降)の取り組みについて、これまでご支援、ご協力を頂いた皆さまにご報告する会を設けました。ボランティア活動や被災地支援にご関心がある方々もぜひお気軽にご参加ください。

(途中入退場もOKです。)

 

開催日:6月30日(木)

開場:14:30

開演:15:00(20時終了予定)

場所:東京代々木・国立オリンピック記念青少年総合センター

国際交流棟 レセプションルーム

 

【プログラム】

 

第1部 15:00~17:40「RQの成立からこれまで」

 

・開会あいさつ

高木幹夫(RQ市民災害救援センター代表・株式会社日能研代表)

・被災地の概況とRQの活動

佐々木豊志(RQ東北現地本部本部長・くりこま高原自然学校代表)

・RQのデータ

中垣真紀子(NPO法人日本エコツーリズムセンター理事・事務局長)

・RQを支えるボランティアリーダーの声

新垣亜美さん・加藤裕章さん・塚原俊也さん・鈴木淳子さん・八木和美さん

・被災地からの声

千葉正海氏(伊里前契約会会長)・畠山信氏(NPO法人森は海の恋人副理事長)

 

第2部 18:15~20:00「中長期の復興支援に取り組むRQのこれから」

 

・RQのこれまでとこれから

広瀬敏通(RQ市民災害救援センター総本部長・

NPO法人日本エコツーリズムセンター代表)

・パネルディスカッション「RQはどこまでいくか」(人と人の契り、地域再生など)

佐々木豊志・高木幹夫・千葉正海・畠山信・コーディネーター:広瀬敏通

 

 

お申込みは、こちらから。

http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/rq_symposium

 

 

■7/1から帰宅時のガソリン代3,000円を補助

 

現在、現地での活動に車が足りていません!

RQでは、ハミングバードチャリティ一般財団法人のご協力を得て、車で現地入りするボランティアの個人の金銭的な負担を軽減し、RQ の現地で活動できる車を増やすことを目的に、帰宅時のガソリン代3,000円を補助するプランを7月1日より実施します。

 

詳しくは、こちらから

pressrelease110618

 

 

■「こどもゆかたプロジェクト」

 

恒例の夏祭りやお神輿を開催したいと頑張る人たちを応援するために、「被災地の子どもたちに浴衣・甚平を贈ろう」というプロジェクトを立ち上げました。この企画は、もともと一人の女性ボランティアの発案によるもので、被災地を元気にしたい!という願いがこもっています。

 

子どもたちの笑顔は、きっとお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、家族みんなを元気づけてくれると信じています!

 

子どもたちのための浴衣・甚平を募集しています。

詳しい募集内容はこちらから。

tokyo/7843

 

■6月30日全日~7月1日18:00まで登米の受け入れを休止します

 

6月30日(木)のRQシンポジウム開催に伴い、6月30日全日と7月1日18:00までのボランティアの受け入れは登米(東北現地本部)ではできません。7月1日は18:00以降にお越しください。なお、この期間中すでに活動中の方は滞在を続けていただけます。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●先週のRQ

 

◎RQ登米本部

登米ブログでは、保育所の再開や避難所の解散式に参加したことなどが書かれています。震災から3カ月が経過した今、被災地、被災者の様子に変化が見えてきました。

 

今週、これまでひまわりチームが活動してきた小泉地区で新たな動きが。

「小泉地区の片づけ始動」

tome/top_tome/7939

 

◎RQ唐桑

家主さんとの対面は、みんな緊張するものです。

「ボランティア初体験の大学生と連携プレー!」

karakuwa/8019

 

⇒ことの発端は、6月2日東京のブログにて確認あれ。

「学生のパワーを連鎖させよう!!」

tokyo/6453

 

◎RQ歌津

歌津独自の活動である「思い出写真クリーニング」の様子が継続的に報告されています。

 

歌津の空を見上げてみれば。この一枚が幸運を引き寄せる!?

「歌津よいとこ、一度はおいで。」

utatsu/7691

 

◎RQ河北

河北ブログでは、企業ボランティアや被災地支援に携わる他団体と連携した活動報告がご覧いただけます。

 

そんな河北ボラに届いた感謝の言葉。

「御礼状」

kahoku/7726

 

 

◎RQ東京本部

全国の自然学校から被災者受入情報が更新されてきています。

 

福島県 あぶくまエヌエスネット

「福島の子どもたちに、笑顔と元気を!」

tokyo/8001

 

長崎県 とりかぶと自然学校

「とりかぶと自然学校 受け入れ開始!」

tokyo/8015

 

 

 

【各拠点・チームからの短信】

◎RQ登米本部

■小泉地区でRQの片付け作業スタート

RQ東北本部には全国各地からボランティアが集まり、 特に週末は100名以上体制で

にぎやかに活動しています。

 

ひまわりサロン(避難所の方のお茶飲みスペース)のある小泉地区では、15日より家屋の片づけやガレキ拾いの作業をスタートさせました。地域の方と連携し、一歩ずつ進めていきたいと思います!

 

■6月18日は震災から百ヶ日でした。

RQ東北本部では夜のミーティング前に、ボランティア全員(100名以上)が外に並び、1人1本ろうそくに火を灯して黙とうを捧げました。そこには、お隣の避難所の区長さんの姿も。今後の活動に向け、ボランティア一同気持ちを新たにしました。

 

■源氏ボタルのシーズン到来

RQ東北本部の周辺は、源氏ボタルの北限・群生地として有名です。すでに2~3日前から、5、6匹の目撃情報が!
今年のハイシーズンは7月初旬という予測なので、そのころに避難所の方・地域の方と一緒にホタル観賞会を企画しています。

 

◎RQ東京本部

■RQボラOB/OGのメーリングリストを開設しています。

現在は現地を再訪するリピーターによる情報共有が活発に行われています。

volunteer_obog

 

◎ウェブチーム

■RQのこれまでの活動を取り上げたメディア情報を収集し、掲載しています。

report_data#media

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

▼各地の報告会・イベント(7月7日までの予定)

 

6月23日(木)  19時~

東京・家政大学板橋キャンパス「SAN主催復興シンポジウム

~今、私たちにできること~」

/岸卓巨(こげぱん)、田口大、小澤潤平(アポロ)ほか

http://ameblo.jp/kogetaku/entry-10922938684.html

 

6月24日(土)  18時半~

東京・新宿区スポーツセンター「東日本大震災地平線特別報告会」

/賀曽利隆、高世仁

http://www.chiheisen.net/shinsai/2011/06/17/749

 

 

6月25日(土)  12時半~、26日(日)  10時~

宮城・仙台 宮城教育大「震災からの再生×生物多様性×ESD

-いのちと多様性とコミュニティをもとにした再生を-」

/佐々木豊志、千葉正海、畠山信ほか

http://www.esd-j.org/j/topics/topics.php?itemid=3167&catid=89

 

 

6月30日(木)  15時~

東京・代々木 国立オリンピック記念青少年総合センター「RQシンポジウム」

/広瀬敏通、佐々木豊志、千葉正海、畠山信、高木幹夫ほか

tokyo/7355

 

 

7月3日(日)  9時~

東京・学習院中・高等科・学習院大学 日能研主催「私学フェア2011」

/国安俊夫、RQのブース出展あり

神奈川・慶応義塾大学 日吉キャンパス

/広瀬敏通

http://www.nichinoken.co.jp/np5/nnk/moshi/pdf/news/fair2011.pdf

 

 

<最新の報告会・イベント情報はトップページから>

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●RQからのお願い

「被災地での支援活動には今後もボランティアが必要です。」

 

現在、7月末までに現地入りできるボランティアの申し込みを受け付けています。

7月以降のRQボランティアバスの運行は決まり次第お知らせします。

 

東京本部ボランティアは時期を問わず募集中。

「RQシンポジウム」や「ゆかたプロジェクト」など皆様にご協力をお願いしたいことが沢山あります。

「現地には行けないけれど、何か力になりたい」という方はぜひご協力ください。

 

→ボランティアに申し込む

volunteer

 

 

現地ボランティア希望者向け「RQ説明会」東京本部で疑問や不安の解消を。

毎週土曜日開催。(今週から週1回になりました。)

体験者からの報告で、直近の様子も分かります。

 

→6月25日(土)説明会に参加する

rqsetumeikai

 

 

●現地ボランティア以外の支援もあります。

 

→支援金を送る

6月16日11時現在 71,794,475円 です。ありがたく支援活動に使わせていただきます。

donation

 

→物資を送る

収入が絶たれ、RQの支援を頼りにする人たちがまだまだいます。

supplies

 

→広める

現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどでご紹介ください。

これから長い被災地支援は続けていくために、ボランティアOB/OGのネットワークは大事につながっています。

volunteer_obog

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●ボランティアのつぶやきと想い、Twitterから拾っています。

※RQ関連のツイートにはハッシュタグ  #rqcenter を!

 

 

■渋谷できれいな「ひまわり」を見つけました!ひまわりチームで活動したのを思い出しました(*^^*)

 

■今週末、二度目の被災地入りすることになった。職場で集まった沢山の物資をRQ東北本部や南三陸の老人ホーム、動物愛護団体へ届けてきます。被災地で見て・聴いて・感じたことを多くの人に伝えたい。

 

■もう100日たったのか、という思いと、まだ100日なんだ、という思いの両方を感じる一日です。また来月、登米へ行きます。

 

◆◆◆

 

今週のRQメルマいかがでしたか?

次回は6月27日(月)発行予定。

どうぞお楽しみに!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQ市民災害救援センター

http://www.rq-center.net

[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter>

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz