写真提供:NPO法人グリーンウッド

 

グリーンウッドでは、4月1日から、被災した子ども2人を受け入れています。
ここでは、暮らしの学校「だいだらぼっち」に滞在している子どもたちと一緒の生活。4月6日には始業式があり、泰阜村での学校生活も始まりました。学校になじめるか不安でしたが、楽しく通い始めたようです。

「ジム君」は、グリーンウッド提供の軽ワゴン。これまで彼(彼女?)にお世話になった「だいだらぼっち」OB・OGの皆さんがメッセージを寄せてくれ、それを子ども達が車内に書き記してくれました。
今回被災した女の子が「がんばれ東北!一人じゃない」と書き記したのには、驚きとともに、小さな胸に秘めた強さを感じました。

現在「ジム君」は、たくさんの物資と想いを積んで、RQ東北現地本部(登米市)に向かっています!

▼4月8日の南信州新聞に掲載された記事です。

写真および記事内容は、NPO法人グリーンウッド提供。

詳しくはこちらをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz