長崎県大村市にある、とりかぶと自然学校でも、震災の被害を受けた児童・保護者の方に向けての受け入れ募集が始まりました。
 
とりかぶと自然学校は、長崎県の中央にある多良山系の山麓に位置する自然学校です。小高い丘からは静かな内海の大村湾を見渡すことができ、宿泊・研修施設のほか、キャンプ場・農家・集会場・畑・にわとり小屋・水車・精米小屋・ビオトープ・太陽光発電・風車など施設も充実。敷地内にも渓流が流れています。

多様な動植物に恵まれておりイチイガシ天然林やツクシシャクナゲが近くに見られるほか、ニホンヤマネも生息すると言われています。 
朝は、野鳥のさえずりやせせらぎの音や野鳥のさえずりで目覚めることうけあいです。

とりかぶと自然学校

周辺はイチイガシ天然林など多様な動植物に恵まれています。また、集落も管理人のおばちゃんをはじめ、地元は素朴で温かい方ばかりです。
 
興味のある方は、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。
 
【受け入れについて】
対象者:震災の被害を受けた児童、生徒と引率の保護者または学生
受入期間:7月中旬 ~9月中旬 この期間の約1か月間(ご相談に応じます)
受入人数:10数名程度 (総定員は80名)、ご家族の場合は2~3家族
費用:滞在中の食費・宿泊費等(光熱水費)は当方が負担します。
 
【設備、その他】
施設設備:キャンプ場・宿泊施設・農家・ドーム型の集会場・研修棟・岩風呂・露天風呂などの生活基盤施設、畑・ハーブ畑・にわとり小屋・水車・精米小屋・ビオトープ・太陽光発電・風車など
アクセス:長崎空港(大村市)・JR大村駅から車で25分 長崎自動車道 大村インターから車で18分
送迎:最寄りの空港・JR駅までは送迎します。
管理体制:9時~17時は管理人が在中します。 自然学校の主催行事中は指導員が対応します。
相談係:日中は管理人が在中します。夏期は指導員が相談に応じます。
 
【問い合わせ先】
とりかぶと自然学校
担当:浅田 要一郎,鯖江 康裕
住所:〒852-8003 長崎市旭町8-20 (株)エコシステム内自然学校事務局
TEL:090-2399-4818
095-862-8026
FAX:095-862-2567
Mailasada-youichirou@canvas.ocn.ne.jp
URLhttp://www.pal.co.jp/torikabuto/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz