6月7日、明治大学・経営学部の千葉貴律先生が、
ご自身の「環境会計論」の授業の一環として、
「特別講座・東日本大震災の支援活動とボランティアについて」
というテーマで1コマを企画してくださり、
私(橋谷晃)がRQの活動を中心にお話をしてまいりました。


約50人ほど(すみません、数えなかったのでざっとです^^;)の学生が熱心に耳を傾け、実際にこの中から多数の方が、RQボランティアとして活躍してくれそうです。

自分も何か役立ちたいという、熱気の広がりを感じます。
 

また去る6月4日には、
アウトドアウェアメーカーのコロンビアスポーツジャパンさんが、
震災チャリティーハイキングを企画され、
3,000円/人の参加費のうち、2,500円/人を、
RQの活動への支援金として寄付してくださいました。
  
本業がトレッキングガイドである私は、
当日の講師だったのですが、
RQの活動についても、
お昼のときに15分ほどお話させていただきました。
 
当日は天気にも恵まれ、
自然を楽しむことのできる小さな幸せが、
当たり前のようで、じつはとても大切な時間であることを、
感じさせてくれる1日でした。

 

支援の輪は、どんどん広がっています。

(木風舎代表 橋谷 晃)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz