—「こどもゆかたプロジェクト・レポート最終版—その1」—

 

6月にスタートした「こどもゆかたプロジェクト」。ゆかた・甚平そして履物を届けてくださりそして応援してくださった皆様。ほんとうにありがとうございました。おかげさまで総数5600点余り、人数にして約3000人の子供たちにゆかた、甚平を贈ることができました。

 

ゆかたプロジェクトの完了にともない、お盆休みのゆかたお届け・ラストスパートとお祭りの様子をご報告。

 

お盆には東北でも大小たくさんの祭りが予定され、それに間に合わせてゆかた班も、連日、登米の東北本部から北へ南へと大急ぎで浴衣配りに奔走です。

 

8月10日、一時は棚にいっぱいに積み上げられたゆかたもどんどん皆さんに手渡され、気付けばあと200枚程度を数えるばかりになっていました。
この日のゆかた配り隊のメンバーは5人、車2台でゆかた配り。気仙沼市唐桑方面へ車を走らせ、いくつかの仮設住宅を訪問。小さいお子さんがいそうなお家に声をかけ、ゆかた進呈をご案内。最初はほんの少しの方がみているだけなのですが、気づくと皆さん外に出てきてくださって、すぐにゆかた市のまわりはにぎやかに。小さくて見るからにかわいいゆかたに大人も子供も顔が緩みます。お届けしている私たち自身も、普段の生活ではなかなかここまで優しい顔にならないなあとドキッとするほど顔が緩んでいるのがわかります。試着しながら選ぶので、少し小さかったり大きかったりしても、気に入ればオッケーです。

 

唐桑の仮設住宅、支援物資といっしょに開催するゆかた市。

 

すぐにゆかた市のまわりはにぎやかに
(写真上)唐桑の仮設住宅、支援物資といっしょに開催するゆかた市。

 

みんなでかわいいねえ、かわいいねえと口々に
(写真上)最初、もう小さいサイズばかりになっていて、自分に合うサイズが無いとがっかりしていた女の子、みんなで一緒に探し出してこれなら大丈夫かな?と試着してみたら、こんなに似合いました。周りの大人もみんなでかわいいねえ、かわいいねえと口々に。

 

8月11日、この日は東北ゆかた班リーダーのチーちゃんと二人で、まだ訪れていない南三陸町志津川エリアの保育園をたずねました。お盆休みかもしれないという一抹の不安とともに南三陸の海に面した丘にある志津川保育園に向かいました。すると姿が見える前にもう子供達の元気なはしゃぎ声が聞こえてきます。ああよかった!と私たちも一安心、保育園の門をたたき「全国の皆さんから園児さんへゆかたと甚平が全国からとどいているのですが、受け取っていただけますか?」と訪ねると「まだいただいてないですよ、ほんとうにうれしいわっ」と先生たちが大喜びでうけとってくださり、小さな園児さんをつれてきて試着させて見せてくださいました。

 

お昼寝したばかりでまだちょっと寝ぼけ眼の小さな三人が、ゆかたをみるとみるみる目が輝きだします。和装がもつ遺伝子マジックといいましょうか、どんな小さい子でもゆかたの持つ意味がわかるようです。
南三陸町のほぼ真ん中にある志津川保育園、園長先生は「みんな、ゆかたも着るものも流されてしまって、もうすぐお祭りもあるし、ほんとうにうれしい」と。私たちもその言葉に言いようのない達成感と喜びを感じます。

 

南三陸町志津川エリアの保育園で
(写真上)ハイポーズと声をかけると、子供たちもノリノリでポーズ。こちらの保育園に、車に乗せていた、ゆかた・甚平約40枚すべてをお渡しできました!

 

キメポーズの男の子
(写真上)※キメポーズの男の子、これぞゆかたマジック!背中の龍もかっこいいっ。

 

園児たちはプールで水浴び。
(写真上)東北もとてもむし暑い熱い一日でした。園児たちはプールで水浴び。

 

軽の荷台いっぱいに詰め込んで、飛び込み営業(?)
(写真上)軽の荷台いっぱいに詰め込んで、飛び込み営業(?)。ゆかたを嬉しそうに配るメンバ一

 

保育園から眺める南三陸町中心の景色。
(写真上)保育園から眺める南三陸町中心の景色。保育園の正面に防災センターが悲しく見えています。あの日、小高い丘にあるここ志津川保育園のすぐ下まで津波が押し寄せました。幼い園児たちがここで恐ろしい体験をしたこと思うと言葉もありません。
震災から5ヶ月あまり、かなりの瓦礫は取り払われ整理されてきました。がらんとした光景は津波の凄まじさを改めて物語っています。そして園児たちは今も毎日このながめ見ているのだと思うと胸が痛みます。

 

この日、8月11日は、震災から5ヶ月目、私たちも午後2時46分に黙祷をささげました。

 

この8月11日宵には、東北沿岸一帯での花火大会「Light up Nippon」が行われます。ゆかた班は、浴衣姿の子供たちに会えるのではないかと、夜、気仙沼市へ向かいその様子を見に行くことにしました。

 

東京ボラ・ゆかた班ささこ(つづく)

 

追記:後日、志津川保育園様からお礼状が届きました。
志津川保育園様からお礼状

うれしいですね。やってよかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz