いよいよ最終回となりました。
そうです、東京本部で毎週土曜日行なわれてきました現地ボランティア説明会です。
東日本大震災 ボランティア説明会

 

今回、申し込みの人数を超える24名の方にお越しいただき、お茶っ子スタイルの車座にツメツメで座って頂きました。10名前後のRQボランティアは廊下まで溢れ、各所で昇るお茶の湯気でハナから部屋の熱気は急上昇。
東日本大震災 ボランティア説明会

 

進行・説明役はみずかさん。現地報告の3名はタクさん、大橋さん、スパイダーさんです。まずタクさんは釜山(プサン)の大学からエコセンのインターンとして来日した立ち位置から登米・小泉・歌津での活動の思いを、そして大橋さんは普段お勤めしながらも時間をやりくりしながらリピーターとして登米の報告をして、これから参加しようとされる方の後押しをしていただきました。

最終回にふさわしくトリは歌津のスパイダーさん。放映された「さえずりの谷」の子供キャンプの映像を交え、地元の方と育む長期的支援の必要性を熱く語っていただきました。
東日本大震災 ボランティア 説明会

 

最後に皆さんにお隣さん同士数名のグループに分かれて頂き、それぞれに現地ボラ経験者が加わって、お茶っこおしゃべりタイム。人前で話すのが苦手の方も人見知りの方も、いわんや話し好きの方ならなお一層、旧知の間柄の様に話も弾み、ついには説明会の部屋は、いくつもの熱い会話の渦巻く大音響に満たされて、終了を迎えました。

これまで説明会に出席された皆様、そして決意を固めて現地に向かわれた数多くの方々、ありがとうございました。これからも現地ではまだまだ多くのボランティアの力が必要です。東京本部では土曜も活動をしていますのでお気軽にお声をかけてください。

by東京ボラ 最終回にブログデビューの奥手ハク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz