東京本部では、現地には行けないけれど被災地のために何かできることをしたい!という、強い想いを持ったボランティアが働いています。

例えば…

登米にあるRQ現地本部から東京本部の情報班に、1通のメールが届きました。

「貴重品管理のガイドライン情報を送って欲しい」
早速、インターネットで各市区町村のガイドラインを調べ、現地に情報提供。
登米の現地本部と東京本部はメールで繋がっているため、リアルタイムで情報のやり取りができます。

また、「現地にボランティアに行きたい」というボランティアへの応募が毎日50件ほど届きます。その方たちと現地を繋ぐのも東京本部の仕事です。

中には「現地に自転車を送りたいがどうしたらいいのか」という物資についての問い合わせも来ます。物資についての問い合わせ対応、仕分けなどを行うのも重要な任務です。

このように、役に立ちたいという想いを持たれた方と現地本部の橋渡し役を担っているのが東京本部。

しかし、ボランティアが毎日のように入れ替わり、情報も毎日更新される中で、「もっとできることがあるのに、人手が足りない」と思うこともあります。

ぜひ、現地ボランティアには行けないけれど、何か役に立てることがないかと探されている方、特に長期でお手伝いいただける方、下記の説明会にお越しください。

==================================

【第2回RQ市民災害救援センター東京本部(事務局)ボランティア説明会】

■日 時  4月24日(日) 13時から14時まで(予定)
■場 所  RQ市民災害救援センター 東京本部
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル2階
(最寄駅の西日暮里駅から徒歩5分です)
■内 容  1.RQ市民災害救援センターの活動概要
2.東京本部の活動内容紹介
■対 象  東京本部(事務局)ボランティアに登録されたみなさん
■申込み  不要です
■特に‥  こんな役割を担ってくださる方を「特に」求めています!
1:ボランティア派遣担当
・ボランティア活動を希望されるみなさんの登録、連絡、
派遣に関する一連の作業を担当していただきます
・電話応対、ワードやエクセル操作など
・週2回以上来ていただける方を求めています!
2:記録・情報担当
・東京本部の活動記録(日報作成、写真撮影)や、本部で
必要な情報の収集、整理を担当していただきます
・PC操作(ワードなど)、デジカメ操作、取材など
・その日1日(10時~18時)活動いただける方を求めてい
ます!
3:ボランティアコーディネート担当
・ボランティアの経験がある方で、中期的にかかわれる方
を求めています。特に平日昼に活動いただける方が嬉し
いです!

※その他、物資仕分け担当やコールセンター担当等があります。

お待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz