6月15日に始動した、RQ「こどもゆかたプロジェクト」。すでに東京本部には、ゆかたや帯、甚平や下駄が続々と届いています。包装、そしてサイズの表記などもとても丁寧にしていただき、ゆかた班一同、大感激! なかにはおばあちゃまお手製のゆかたを送ってくださった方もいらっしゃいます。賛同してくださった皆さま、ありがとうございます!

「ずっと応援しています!」、「どうか楽しいひと時が過ごせますように」、「子どもたちが使っていたものです。お祭りに着ていただけたら嬉しいです」などのメッセージも一緒にいただいています。 


 

子どものゆかたの柄はかわいいですね~


 

ところでRQ東京本部のある西日暮里のお隣には、谷中の商店街があります。
谷中は、根津・千駄木と合わせて谷根千と呼ばれ、週末は多くのひとが町歩きにやってくる、東京でも有数の人気のエリア。下町的な気さく雰囲気が魅力で、老若男女を問わず楽しめる素敵な街です。
 
お総菜屋さんや甘味屋さん、カフェなどが混在する谷中商店街から千駄木・根津方面に足を延ばせば、品揃えにこだわりが感じられる古本屋さん、和服の端切れを使った小物を売るお店、ログ・ハウスのカフェ(オーナーはスイスの方です)など、おしゃれなお店もたくさんあります。
 
「被災地の子ども達に送る、ゆかたを集めているんです」とチラシの配布をお願いすると、皆さん快諾し、入口や目立つ場所に貼ってくださいました。
そして最後は一様に「ご苦労様、頑張ってね」と私たちをねぎらってくださいました。
いえいえ、こちらこそほんとうにありがとうございました!
 
これでまた、ゆかた集めの輪が広がりそうです。
 
今年は暑い夏になりそうですが、被災地のお子さん達が、ゆかたや甚平を着て、お祭りや夕涼み会を迎えていただければと思っています。プロジェクトはまだまだ続いていますので、皆さん、サポートよろしくお願いします。送り方など詳細については、こどもゆかたプロジェクトをご参照ください。
 
なお、6月30日に開催されるRQシンポジウムの場でも、ゆかたの持ち込みを受け付けます。この機会にぜひ。
 
RQシンポジウム
開催日:6月30日(木)
開場:14:30
開演:15:00(20時終了予定)
場所:東京代々木・国立オリンピック記念青少年総合センター
国際交流棟 レセプションルーム
東京都渋谷区代々木神園町3-1
>RQシンポジウム
 
(東京本部 ゆかた班)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz