生まれて初めての被災地ボランティアをここRQで体験しています。
 
とにかく被災地、そして被災者の皆さんのお役に
少しでもたちたいという思いで、登米の本部でお世話になっていますが、
ここに来てわかったことがあります。
 
登米の本部には常時、
約60名のボランティアさんがここを拠点に活動をしています。
ということはすなわち、
それを支える裏方のボランティアのボランティアの皆さんがいます。
 
キッチンでボランティアさんの食事を作ってくれるボランティアさん
物資を管理するボランティアさん
RQの活動が円滑にまわるように全体を管理する総務のボランティアさん

毎晩ミーティングで翌日の役割分担決めをします。

全国からいただいた物資は担当のボラさんがしっかり管理しています。
 
被災地ボランティアというとついつい
(特に初めてのボランティアであればなおさら)
被災地の現場で活動したい、被災者の方を支援したい
という思いで乗り込みがちになると思います(私もそうでした)。
  
でも、同じくらいボランティアを支えるボランティアがいないと、
活動はまわりません。
 
なので、もしこれからRQでボランティアを考えている人には、
ぜひ現場だけでなく、同じくらい大事な裏方の仕事もやろうと思って
きてくれたらいいなと思いました。
 
私も次回RQに戻ってくるときは裏方の仕事を積極的にやろうと思います!
  
by 登米ボラ ハル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz