なでしこジャパンが新しい歴史を作ったこの日、RQの活動も少しずつ変化が出てきています。
 
今日は物資担当チームの活動についてお知らせします。
 
震災から4カ月が経過して、ほとんどの被災者に物資が行き届いている状況になってきました。
一時期の戦場のような慌しさは落ち着いて、フロア班は残った救援物資をフリーマーケットでお配りしたり、デリバリー班では最後の最後のお水配達を行ないました。
 


 
RQの活動は、全国から寄せられた物資を被災者にお渡しする最終地点です。
受け取られる際には、皆さんからとても暖かい感謝の言葉を頂きます。
そんなとき一つ一つの物資に込められた思いが確かに伝わっていると感じます。
(ダンボールをあけてメッセージが入っていると、こちらもジーンとしてしまいます。)
 

 
RQでは、物資配送の活動を終息しようとしていますが、これまで培ったネットワークを活かした今後の新しい支援活動について検討を始めています。
班の名前が変わっても、真心をお届けするという使命は変わらず、続けていきます!
 
(by 登米ボラ トシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz