到着すると、まずオリエンテーションを受ける。

 

体育館の中は物資とテントでぎっしり。2階の回廊も寝床です。

 

朝は6時に起きて、6時半から食事。7時半に朝の確認ミーティング。(4/2朝)

 

物資は細かく仕分けて、分類して管理されています。フロア係の仕事の積み重ね。

 

物資を配送する車の手配表。デリバリー班。

 

荷物を積んで出発。多いときは一日に25台の車で、GWまでに計300トン以上の物資を届けました。

 

避難所ではなく、自宅や被災を免れた近隣の家に避難したまま、ライフラインも物資も届かないところを中心に、リクエストに応じて物資を届けてきました。

 

【GWの頃の登米】

 

登米現地本部4月30日夜、ゴールデンウィークで約130名が集う。

 

人が増え、暖かくもなったので、テントを減らし「ごろ寝天国」に。

 

夜のミーティングで7つの作業チームと、他の3つのボラセンにゆく人に挙手制で分かれて、翌日活動へ。

 

隣の旧鱒淵小・避難所で、音楽やマッサージなど、心と身体のリラックス系の活動も展開してきました。

 

あるボランティアたちが、お隣の避難所のための「足湯プロジェクト」を自主的に発足。二日で実現!

 

薪ストーブ(バイオマスエネルギー)でお湯を供給。心も身体も暖まりますね。

 

食事は近隣の方々の差し入れによって、かなり充実しています。ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz