こんにちは、RQ二度目の参加のさくらです。
前回は外での活動でしたが、今回はキッチンチームからスタートです。
  
キッチンはボランティアの食を支える大事な仕事です。
今回は頼りになるリーダーが仕切ってくれてるので
私のようにとくに料理が得意でなくても大丈夫…と思います。

100名前後の人数分の料理の下ごしらえには、
にんじん摩り下ろし隊やら千切り隊ができあがります。

頂いた食材を有効利用するために、いろんなアイデア料理もうまれ、
試食なのか、間食なのか、そんな時間も楽しめます。

余った野菜の切れ端などはボランティア(?)のニワトリ
「こっこ48(40羽だけど…)}」の食事になります。

このニワトリさんのお尻が
ドナルドダックのようでとってもかわいいんです。
登米に来たときにはぜひじっくりの眺めてみてください。
 
そして、卵を産んでくれるんです。
産み立てを食べられるんです。

ちょうど休憩時間に
ふらりと立ち寄られた地元の方がいらっしゃいました。
 
長期で活動されてるボランティアさんに
一言お礼が言いたかったそうです。
 
あいにくそのボランティアさんはいなかったのですが、
プチお茶っ子の時間となりました。
 
どんなに良くして貰ったかという話から、
私たちボランティアとこのRQについての感謝の言葉もありました。
 
その場にいた誰もその方たちと接したことはないのですが、
ボランティア活動をしているとこういう風に
今までの活動やボランティアさんへの感謝の気持ちを受け取ることがあります。
 
キッチンなどの内勤の活動では
外に出るのとまた違った一日をすごすことになると思います。
ぜひ一度体験してみることをおすすめします。
 
by 登米ボラ さくら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz