皆さんこんにちは!
気仙沼市小泉地区でがれき撤去の現場リーダーをやっているゆうこです。
おとといに引き続きブログを担当しています!
 
今日の小泉は台風が接近中ということで、
一日中雨が降ったり止んだりでした。
そこでがれきの撤去作業はお休みし、
皆で小泉中学校の体育館の清掃作業を行ないました。
 
小泉地区はやっと全ての仮設住宅が完成し、
まもなく避難所が閉鎖されることになっています。
 
朝8時半ごろから作業を開始し、
まずは畳の清掃および運び出しを行ないました。

その後、クラブツーリズムのボランティアツアーの団体さんが加わり、
総勢40名程度で床のラインのシールはがしを行ないました。
 
シールはがしはシールをはがしてもベタベタが残ってしまい
とても根気の要る作業でしたが、皆一生懸命取り組んでいました。

団体さんのおかげでお昼前にはシールはがしを終えることができました。
 
午後はまず津波の時の映像を見ながら、地元の方からお話をお聞きしました。
想像以上の映像に言葉をなくし、真剣に見入ってしまいました。

DVD上映の後はさらに士気が上がり、
ステージの清掃と全体の仕上げを行ないました。
そして午後3時ごろには全ての清掃を終えることができました。
 
午後の清掃作業中、体育館横の小さな教室では
中学生が体育の授業を行なっていました。
これからは、この広い体育館で思いっきり走りまわらせることが出来ると思うと、
きれいになった体育館を見た時以上の達成感を得る事が出来ました。
 
***
 
小泉のがれき撤去は人手が足らず他の地域に比べて遅れています。
がれきの撤去作業は他の現場作業に比べて
なかなか成果が見えない事が多く、
すぐにはやりがいを感じられない人が多いのも事実です。
 
しかし、何日か連続で参加してもらえれば、変化が目に見えるようになり、
その土地への愛着も湧いてきます。
しかも、将来自らの携わった現場の変化を
長い期間に渡って追う事の出来る現場です。
 
以前にも書きましたが、小泉のがれき撤去に腕力は必要ありません。
必要なのは人並みの体力と根気強さです。
女性の私が現場リーダーをやっているくらいなので、
女性でも全く問題有りません。
被災者の事を想って根気強く作業を行える方を求めています。
 
一日も早い復興を願って。
がんばろう小泉

 
by 登米ボラ 小泉がれき撤去隊 ゆうこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz