段々と朝晩が冷え込むようになってきました。
地元の方は「そろそろストーブをだそうかしら」とも言っています。
 
今日(9月7日)は神奈川から
自動車修理工場で勤務していた方がいらしたので、
毎日使う公用車の点検をしていただきました!

ご覧ください、このタイヤの減り具合…。(針金がでてる!)
「ただちに影響がでる」という診断結果でしたので、
新品のタイヤに交換してもらいました。
 
登米の本部から各現場までは、近い現場でも30キロ以上離れています。
現場ではまだ悪路もあり、車たちも酷使される日々であります。
 
そんな車たちに愛をこめてお手入れをするのは、
もちろん「よろず屋」の番頭チーム!
現場から帰ってきた車たちに愛を込めてお掃除します!
 
そんな私たち、番頭チームの理念は、
“ボランティアのためのボランティア”。
現場で作業をして下さる皆さんにとって、
ここRQに来て下さる皆さんにとって、
よりよい環境を主体的に築きあげていくことを、
いつでもどこでも念頭に置きながら活動しています!

番頭チーム。言い換えれば、縁の下の力持ち。
私たちは「主体性」というボランティアの基本精神に則りながら、
皆さんの笑顔が見られるように、毎日頑張っています!
 
(by 登米ボラ 谷平和優)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz