今日(9月14日)は、登米市にある小泉地区で瓦礫の撤去作業を行ないました!
12名と現地の方1名で進めることができました。
 
小泉地区は今年の6月から作業を開始したため、
他の地区よりも少し作業が遅れているようです。
 
現在、大きな瓦礫などは重機で撤去されている状況ですが、
手作業で行わなければならない小さな瓦礫やガラスはまだまだ散乱していました。
 
今日、私達が瓦礫撤去をした場所は以前、田んぼがあった場所です。
しかし見渡す限り瓦礫で覆われていて、
かつて田んぼがあったようには思えないような状況でした。
 
私達は3つの班に分かれて、撤去作業を行ない、
瓦礫やガラス、金属、プラスチック、燃えるもなどを主に分別し、
再び重機で持っていきやすいように
大きな袋に詰めるという作業内容でした。


中には、写真などといった思い出の品もでてきました。
その品物は持ち主さんの手元に戻るように、大切に保管しています。
 
まだまだ活動作業途中であり、瓦礫もまだ多く残っていますが
少しずつ作業を進め、少しでも元の状態に戻せるように
活動していきます!!!!
 
以上♪登米ボラ まりこ・さやでした~~(*^^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz