※先日アップした内容ですが、写真を変更したので再度アップします。
 
今日(9月18日)は、地域支援チームと登米っ子チームの総勢15名で
本吉町漆原地区の秋のおたのしみ会に行ってきました。
 
漆原地区では、例年行われている盆踊りや敬老会などの行事を、
今年は震災があったために控えてきました。
 
しかし、このままでは部落の人と人のつながりが廃れてしまいます。
そこで、おせっかいながら
このおたのしみ会を地元の方と共同でさせて頂くことになりました。

現地の天気は雨が降る予報でしたが、
快晴でとても暑い天気になりました。
外に出るとすぐに汗が吹き出てきました。
 

今日の目玉は、ラーメン義援隊の水本さんによる渾身の味噌ラーメンです!!
材料からラーメンを作る道具まで全てが本格的です。

みなさん美味しそうにプロの味のラーメンをすすってます。
僕もあまりに旨すぎて、思わずスープまで飲み干しちゃいました。

子どもから大人まで、みんなでバルーンに夢中です。
恐る恐る風船をねじったり、くくったり。

登米っこチームによるタオル人形も大盛況です。
うさぎやハムスターが、とてもかわいくできました。
  
アコースティックギターを使っての弾き語りもありました。
高校生の子たちが熱唱してました。
そのうち、みんなでカラオケ大会に…。
 

 

婦人部のお母さんたちは今日のために朝早くからおにぎりを
用意してくれました。

そして、会の終わりにプログラムにはなかった“まんぼーサンバ”を
踊って見せてくれました。「久しぶりだから~」と言いながらも息はぴったり!!

 

おたのしみ会の裏には、RQメンバーからのメッセージを寄せ書き。
記念として漆原の皆さんに寄贈させて頂きました。

 
今日のおたのしみ会は、とても楽しく大成功でした。
これからも引き続きお手伝いできることがあれば
部落の方に元気になってもらえるような活動を続けていきたいです。
 
by 登米ボラ じんちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz