8月7日(日) 朝5時。

 

ザコ寝ではろくに寝れないだろうなと想定済みだったし、早起きにはある程度自信があったのだが、それにしても早い…。

 

頭がまったく働いていない。大好きなホッツコーヒーも飲めぬつらさ(涙)
キッチン担当ならドリップ持参するんだったなぁ。

 

同じツアーからきていたキッチン担当の方とノロノロと調理場へ向う。
昨夜うかがったところによるとこの女性、なんと以前に大食堂の裏方でお仕事をした経験があるそうで
まさに適任!!
大人数の分量や、おっきな炊飯器などの使用方法も心得ていて 彼女のおかげでものすごく仕事がはかどった。

 

あともう1人、いじられキャラの大学生男子も昨夜の同じ挙手組。重いものはとりあえず全部運んでもらう。
キッチンに男手はありがたいんですよね♪

 

さて、朝ごはんの準備開始。
もともと夜に仕込んであったので、炊飯器のスイッチをぽんと押してお味噌汁などあっためて出すだけなんだけどね。
ハエは噂どおりすごくて、もろもろ消毒しまくり。
衛生面にはすごく気を使った。

 

おコメのとぎ汁でマイ皿などを洗ってもらったり エコ精神にも溢れたセンター。
なんでもここは蛍がいるとのことだった。なるほど。

 

裏庭で飼っているニワトリちゃんに野菜の皮などを丁寧にみじん切りにして、人生初!ご飯をあげる体験もさせていただいた♪
このあとお昼頃に、まだすこーしぬくもりのある産みたての卵が20個ほどキッチンに届いた。

 

6時半。
外部で活動されるボランティアさんがぞろぞろと食堂に集まってくる。
筋肉痛になるほど切った野菜が入ったお味噌汁がどんどんうれていくのを見ているのは嬉しい。
お味噌汁の具がなくなって途中で乾燥ほうれん草をあわてて追加。

 

「ごちそうさまでした!」とわざわざキッチンまできて声をかけてくれるボランティアさんもいた。
こちらも大きな声で「行ってらっしゃい!」と返す。
そっかぁ、ボランティアのためのボランティアもあるんだよね。

 

ほんとうは現場に出たかったけど…
間接的にでも、復興のお手伝いができているなら本望なのであーる!

 

それからは朝ご飯の片付けと あまったご飯でおむすびを、わっしゃわっしゃとたっくさん握る。
もう14時くらいの感覚なのにまだ朝の11時。1日が長い…。
さすがに朝5時から立ちっぱで、途中頭痛がしてきたので座って一休み。
室内でも熱中症になるってこういうことかしら。ついつい作業に夢中になってしまうのよね~(汗)
でも東北地方の冷た~いお水で顔と首を冷やしたら すぐにしゃっきりとした。

 

なんでも夜ご飯を出すスタッフが少ないとのことで負担にならないようにさっそく夜ご飯の支度にとりかかる。
ちなみに、このキッチンの食材は ほとんど現地の方々からのいただきものでまかなっているとのこと。
こちらのボラセンではそういった地元の方々のご好意はありがたく受け取っているそうだ。
ボラセンと地元のひとたちの間に お互いの距離感を保ったギブ&テイクの精神がすくすくと育っていることに感動。

 

今晩のお献立は、鮭まるごと一匹いただいたので石狩鍋に決定♪
子どもキャンプの残り野菜が途中届いて きゅうりとツナサラダも作れることになった!!

 

続きを読む※このブログを執筆された半野良猫コタ&すみれさんの管理する外部サイトにジャンプします。

 

◇◆◇ 半野良猫コタ&すみれさんからひとこと ◇◆◇

 

「8/6-7にHISツアーで登米の東北現地本部へ伺った半野良猫コタ&すみれと申します。

ボラセン内でのキッチンのお手伝いをさせていただきました。

ブログにそのときの体験談を載せましたのでお知らせしたくてメールいたしました。

リンク先のブログでも宮城ボランティアツアーは、①準備編 ②現地へ移動編 ③活動編 ④活動を終えて と続きます。

④ではRQさんのこともご紹介させていただきました。

キッチンの様子や鱒淵小学校の体育館裏にいるニワトリちゃんの様子も
たまにブログにあげていただけると嬉しいです。

また今度は直でお手伝いに伺いたいです。」

 

半野良猫コタ&すみれさん、投稿ありがとうございました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz