12月22日朝。RQ登米のある旧鱒淵小学校では雪化粧が始まりました。

積もったのは5cmほどでした。
人や車が通りやすいようにみんなで雪かきを開始!

東北や日本海側の地域では当たり前の雪かきですが、鱒淵小で活動しているメンバーは不慣れな人も多いので、珍しい体験として楽しみました。
なかには雪だるまを作り始める人も。

夜は木にうっすら雪がかかり、ホワイトツリーとなります。


 
 
寒い気候や路面凍結のこともあり、小さく活動しているメンバーですが、地元(鱒淵)の人との交流は盛んです!
長期メンバーが年末からの仕事に戻るということで、出発の前日にもらい湯でお世話になっている方々が鱒淵小に訪れ、壮行会を開いてくださいました!

また、年末のイベントである「クリスマス&忘年会」の出し物の踊り稽古も、もらい湯の方が指導してくれています!

12月に入りRQ市民災害救援センターとしての活動を終え、次なる団体での活動に向けて少しずつ準備をしているRQ登米。
今までRQ市民災害救援センターの東北現地本部である登米拠点の活動を支えてくださった人たちに感謝し、そのつながりを今後の活動に生かしていきたいと思います。
 
 
RQ登米 山下直之(まーしー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz