朝は5時前からキッチンチームがボランティアの朝食の準備。
白いごはんと野菜たっぷりのお味噌汁に、
野菜炒め、きゅうりの浅漬けといったありがたすぎる豪華メニュー。
感謝感謝感謝!

朝食がおわる頃、杵とうすがとどきました(「名もない救援隊」加藤さんより)。
今日は南三陸の避難所に杵とうすを届けます。
この地域は子供が一歳になったらお餅を背負わせる風習があって、
自分たちでお餅をついてその用意ができるように。
 
お餅がほしいと言われてお餅を届けるんじゃなくて、
その背景にある想いを届ける。地域の文化も支えていくんだなあ。

今日と明日はチーム歌津に参加します。
歌津での活動はおもに森林の片付け。

地域のみなさんにとって、山は神聖な場所だから、
ずっと津波の爪痕が残ったままだと悲しい。
 
片付けが必要な所は広範囲にわたるけど、大切なものがたくさんあるから、一つひとつ手作業で確認しながら片付けをして行きます。
 
そんな中、津波に沈んだ場所に咲く花も。たくましいなあ。

ひとりの力はささやかだけれど、みんなの力があわされば、
この目の前に広がる途方にくれそうな状態も
必ず元のきれいな状態にできるなって思いました。
 
じわじわと、粛々と、大切に、進めていきましょう。
明日帰っちゃうけどまた来ます。
 
(by 登米ボラ 大坪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz