おはようございます!
と、いうわけで、今日は登米の朝を紹介します。
 
じゃんっ!

この体育館、なかなかすごくないですか?笑

 
たくさんのひとが、同じ体育館で、起きて、動きだす。
いろいろな音を響かせながら、
それぞれの活動はここからスタートします。
 
ちなみに、その日何をするかは、前夜のミーティングで決まります。

登米での、デリバリー、フロア、総務、キッチンなどに加えて、
歌津、唐桑、河北など、各地での活動。
 
それぞれの場所の、それぞれの活動の為に人が必要で、
それぞれの場所で、それぞれに集まった人が活躍する。
 
毎晩それぞれの意志が集い、
毎朝それぞれの使命が動き出す。
とても素敵な体育館です。
 
僕はこれまで、
「つくる」には、ふたつあると思っていました。
 
ひとつは、つくりたいものがあって、そのために必要なものを集めて、つくる。
もうひとつは、今あるもので、つくれる何かをつくる。
 
でも、RQはどちらでもなくて、
「今あるもので、作りたいものをつくる」
なのかな、と感じました。
 
求められている力があって、
それを満たす様に、僕達は動き、それぞれの力を活かします。
 
その為には、水のように、どんな容器にでもはいれる柔軟性が必要で、
それをこの体育館で、目の当たりにして、
あー、RQって、ひとって、すごいなと思いました。
 
無色の水が、何色にも染まれるように、
無力な僕達は、どんな力も発揮できます。
無意識が意識に変わるとき、無力は力になります。
 
それぞれの水にとかした絵の具で、すこしでもきれいな絵が描けたら。
 
そういう願いが、毎朝この体育館に響いています。

 
by 登米ボラ いっけー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz