ボラ6日目の今日は9月18日に行われるデイキャンプの子どもたちの名札を製作。
板をカットし、バーナーで焼く。
なんとことない板キレが意味をもつ物になっていく。
子どもたちはどんな気持ちで名前を刻みこむのだろう、と想いを馳せながら
焼いたススをキレイにふきとっていった。

午後はキャンプ場「さえずりの谷」で草刈り。
ボラ初日も草刈りしたものの、草刈機が調子悪くて、昨日、地元の修理屋のおじさんに
きて頂いた。
うちらボラは被災者を支援したいがために来たのに、こうして地元のおじさんに
助けてもらっている。

でも草刈り機をいじっている、おじさんのその横顔は深いシワがありつつも、
なんだか嬉しそうだった。

「やりがい」を感じるシチューエーション作り、ということもまた
今のボラにとっても大切な使命であるかもしれない

その修理のおかげで絶好調の草刈り機は今日の午後だけで
原っぱ一面、草刈りすることができた。
子どもたちがキックベースとか出来るスペースだから思いきり走り回って
草につまづいて、コケても笑える感じに仕上がってきた。

今回のボラは初めての体験だったけど、被災者というより、きちんとした名前をもつ生身の同じ人間、人柄に直接ふれあえた。
目の奥に物語っている深い淵をじかに見つめた。
それと毎日のように出会いと別れを繰り返す、ボラ仲間に、筆談や身振りをしてくれたことも励みになった。

ろう者でも出来る作業はいっぱいあるから、他のろう者もボラしたい気持ちがあれば、
どんどんRQにきて頂けたら、とも思いました。

今朝、スパイダーチームで霊峰日束山麓にあるクモ滝へ行き
みんなで東北の復興を祈願した
皆さんが笑顔で暮らせる日々でありますように

by 歌津ボラ トロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz