歌津センターでは9月まで、他のボランティアさんの運営するお風呂を毎日利用させていただいていましたが、そのお風呂が新しく生まれ変わるということで、昨日はそのお風呂の片づけのお手伝いをしました。特別ゲストとして、そのお風呂屋さんにコメントをいただきました!

 

初めまして。
歌津中学校で「魚竜の湯」という仮設浴場を運営していたテッペーです。
RQの人達には、よく利用してもらっていました。
その縁もあって、今は歌津センターのみんなと寝食を共にしています。

 

昨日は、9月30日を以って閉鎖した「魚竜の湯」の片づけをRQに依頼し、一緒に作業しました。
僕と手伝ってもらった阿部Fさんで配管や配線、壁板などを解体し、RQの人達には細々とした片づけをお願いしました。
進捗状況は5割といったところ。
完全に片付くには、もう少し時間がかかりそうです。
 
さて、ここからは宣伝。
上記の通り9月30日で仮設浴場「魚竜の湯」は閉鎖となりました。
が。
現在、新たに公衆浴場「魚竜の湯」の建設を計画中です。
男湯と女湯を併設する、待合室を広く取って多目的ホールとして使うなど、旧「魚竜の湯」よりも大幅にパワーアップする予定。
そして、この新「魚竜の湯」は地元の建設業者さんの指揮のもと、ボランティアの手で作りたいと思っています。
着工時期は今月末から来月頭頃の予定。
手を貸してくれる人を大募集中です。
歌津の人達の憩いの場を、一緒に作りませんか?
どうぞよろしくお願いします。
  
風呂屋のテッペー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz