昨日から歌津に来ているヨコリンです。本日の活動報告をします。午前中は明日オープンする仮設商店街のチラシを仮設住宅に配りました。私は運転が苦手なので、歌津の地理に詳しい長期滞在者ののんさんとコンビで周りました。歌津で長期のボランティア活動をされているのんさんはあちこちの仮設住宅に知り合いがいる人気者で、ある仮設住宅ではコーヒー、イチジク、お茶、ゴーフレットまで私たち二人に出していただきました。後で地元の方に聞いた話では、そういうもてなしをするのはこの辺りの風習らしく、初めて経験した私は驚いて感激してしまいました。地元の方の温かい対応が嬉しかったです。チラシ配りの途中で見た赤い鉄筋が残った建物はこの地域のランドマークになっているそうです。

午後は同じチラシを個人住宅に配りました。午前中に周った仮設住宅は家屋が集合していて効率よく配れたのですが、個人住宅は一軒一軒離れているので効率よく周るのには苦労しました。個人住宅は津波の被害に遭わなかった高台にある場合が多かったのも大変でした。屋号が入った瓦を使った立派な御宅が多かったことが印象的でした。海岸沿いは入り組んだ道が多く、一回迷って車一台分の細い道を通り防波堤がある海岸まで出てしまいました。この防波堤は今回の津波を耐え抜いたのでしょうか?真相は歌津に来て間もない私には分かりませんでした。

 

明日は急遽初めての総務をやることになって今から緊張していますが、長期滞在者の方にサポートしていただきながら頑張りたいと思います。

                                                                                                                      byヨコリン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz