本日は角万漁業さんのお手伝いで、土俵づくりをしました。

初めは網クリーニングの予定でしたが、

新橋義援隊の方々が9名参加してくれたので、大人数を活かせる土俵づくりにしよう、ということに。

土俵は、角万さんのワカメづくりに使用するもので、

土俵づくりは、土嚢袋に砂利を詰めて行く作業です。

ピンポン玉くらいの砂利を、

スコップでひたすら土嚢袋に詰めていきます。

体力仕事です。

おまけに今日は暑かったので、みんな汗を流しながら…

 

砂利をすくって…

土嚢袋に詰めます。黒い袋のほうが、白いのよりも長持ちするそうです。

午前中だけで、かなりの土俵ができました。

午後は新橋号が帰ってしまったので、歌津組&登米組で続行。

海底調査の団体と、取材のひとたちがいたのですが、

お互いかなりの至近距離で作業に没頭していました。

不思議な光景…。

そして、

角万さんから紐テクを伝授される野犬さん。

魔法のように次々と、色んな結び方を見せてもらいました。

 

土俵の前で、記念写真です。(私はいませんけどね!)

角万さん、新橋義援隊のみなさん、登米からのみなさん、ありがとうございました!

 

歌津ボラ 井上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz