6月25日(土)、歌津中学校にて写真のイベントを開催しました。
RQ歌津センターでの写真クリーニング活動を知った
「スマイルフォト・プロジェクト」さんがお越し下さったのです。
お手持ちの写真をその場で修復・印刷して下さいました!
救出した写真やアルバムを一枚一枚丁寧に扱います。

パソコン内で修正をかけて修復し、印刷します。

沢山の方から「これも!」と頼まれて、
用意した印刷用紙が足りない…と仰っていました。
RQ歌津センターで独自に「写真基金」を募っても良いかな…と
感じました。

同時に、RQでは、救出した品々の展示会を行いました。
展示会を行うと、高い確率で持ち主に渡っていきます。
そして、様々なドラマも垣間見ることができます。
今日の写真プロジェクトでは、瓦礫の中から見つけた
一枚の写真をお持ちになった女性がいました。
震災後見つけた、唯一の旦那様の写真でした。
写真立てに入っていたのですが、ガラス面からはがすと写真まで
だめになってしまいそうで…と、そのままお持ちになっていました。

その写真は遺影にするということで修復後、
A4サイズに印刷して、お渡しされました。
見事な修復でした。

写真プロジェクトは、地道で根気のいる丁寧な作業の分、
写真を持ち主にお渡しする時の喜びは大きいものです。

歌津では日常的に写真クリーニング活動を実施しています。
活動に参加してきようという方は、
薄手のゴム手袋(使い捨て可)をお持ち下さるとありがたいです。

※使い捨てゴム手袋は使用頻度が高く、
歌津センターの購入品では間に合わない時があります。

by 歌津ボラ  十姫

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz