団体・ツアーでのボランティア活動を歓迎します

RQ市民災害救援センターでは東日本大震災の被災地支援のために
団体・ツアーでのボランティア活動を積極的に受け入れています

RQの活動はすべて終了しました。以下の情報は活動の記録として残しています。

 

15名以上のグループで行動されるボランティアの方を「団体」として、通常のボランティア登録とは別の窓口でご相談、お申込みを受け付けています。
「観光だけでなく、実際に何か現地の支援活動に参加したい。でも団体では迷惑になるのではないか・・」
そう思う前にぜひ、RQにご相談ください。担当者が人数と旅程により、可能な支援活動をコーディネートのお手伝いをいたします。
*諸条件によっては、ご希望に添えないことがございます。100%受け入れを保証するものではないことを予めご了承ください。

活動内容

団体で活動される場合、活動内容は瓦礫や漂着物の撤去・回収作業、清掃作業などが主になりますが、状況により別の作業をお願いすることもあります。
活動内容は被災地の状況と共に日々変化しています。最新の活動状況はこのサイトでご確認ください。
天候などの事情で作業が中止となる場合がありますが、ご了承ください。

参加条件

RQ市民災害救援センターのボランティア活動に参加するには、以下のことを全て満たす必要があります。
・原則として自立のスタンスを持つこと・・・・基本的に自身の衣食住と安全は自分で守る
・心身ともに健康であること・・・・疲れている状態で参加することでご自身と周囲のかた双方に影響が及びます
・同じ意志をもって行動すること・・・・強いチームワークで効果的な行動がとれることが必要です (一人がみんなのために行動できる)
・被災者への最大限の配慮をすること・・・・謙虚さ 、誠実さ (信頼に足る行動をしよう)を持って行動をとることが求められます
*未成年者は保護者の同意が必要です。

基本の持ち物

・活動的な服装・着替え・帽子
・到着日当日の昼食
・水筒
・文具
・身分証明証(保険証や免許証など)

作業装備

*作業装備は貸出できるものもあります。ご相談ください。
・ヘルメット
・安全靴または長靴(踏み抜き防止インソール入り)
・作業用ゴム手袋
・作業用革手袋
・防塵用ゴーグル
・防塵マスク(または通常のマスクを重ねる)

当日の流れ

[例]
8:00頃までにボランティアセンターに到着
*ご希望があればRQの活動紹介のオリエンテーションを行います
ボランティアセンターから作業現場に移動
9:00~15:00 作業(状況によって異なります)
作業終了後、現地解散
*上記の流れに沿わなくても対応可能な場合もあります。

注意事項

・事前に必ず社会福祉協議会で「ボランティア保険(天災プラン)」に加入してください。
・指定されたボランティアセンターまで、及びセンターから作業現場までの移動手段は原則団体で確保してください。
・活動の内容を指定することはできません。
・ボランティアセンターに宿泊を希望される場合はご相談ください。

お申込み・お問い合わせ

受付終了しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz