女性支援センターの新しい試みとして登米市にある仮設住宅の近くに新たな憩いの場を作る準備を進めています。350戸という登米市最大の仮設住宅の近くなので多くの方が楽しく、そして気軽に憩える場となればいいなあと思っています。 さて、今日はその第一歩としてそこの草刈作業を行いました。 到着するとそこは・・・駐車場に隣接した雑草たちの無法地帯。さっそく草刈鎌と電動芝刈り機を使って大規模な草取り作業が始まりました!!正午間際の炎天下の中、ボランティアスタッフ4~5名で2時間かかってようやく地面が見えるほどの長さまで草刈を行いました。

小中学生のころは学校行事で草むしりというイベントがあってみんなでぐったりとした経験はありましたが、今回久々に大規模な草刈をしました!! 汗をかきながら、むしってもむしっても草・・・という状況で楽な作業ではありませんでしたが、終わった後に積みあがった草と平らになった地面を見ながら達成感に浸りました。地道な作業ではありましたが、何事も最初が肝心。

 ここが近い将来たくさんの方が憩える素敵な場となることを楽しみにしています。

【小林】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz