今日は志津川、中瀬の仮設住宅で92歳の素敵なおばあちゃんにお会いしました。おばあちゃんは91歳まで毎日、川田に出て野菜を作っていました。でこぼこの道を一輪車に重い荷物を積んで「大変だったよー」と明るく軽々とおっしゃって脱帽。91歳で毎日畑仕事できますか?

 

中瀬の仮設住宅でお茶っこ(集まってお茶を飲みながらおしゃべりすること)しながら、この地区の方達が色々なものを手作りしてきた事を知りました。私が一番びっくりしたのは、麦から「あめ」を作ってそれをおやつにしていたという話。「買うんじゃなくて手作りがあたり前だったよー」って。

RQ被災地女性支援チームでは、おばあちゃんたちが手仕事を続けていける環境づくりを模索しています。いくつかのアイデアや今はまだ散らばっている「使って!!」「使いたい!!」などを結びつけて、年内には形にしたいと活動中!!

ボランティア 佐織

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz