今日は気仙沼市で「中町商店」を営んでいた佐藤さんのお宅に伺い、店舗の片付けのお手伝いをしました。震災により店舗兼自宅の建物が取り壊されることになり、今月いっぱいで引越しすることになっています。

お店は1週間前に閉店しています。数日後にゴミの引き取り業者が来る事になっているので、その前に廃棄する在庫商品を仕分けすることが今日の作業です。

昭和24年にこの場所で開店したという「中町商店」は60年余りの歴史に幕を下ろしたわけですが、あふれかえった在庫はその歴史の積み重ねです。と同時に埃も積み重なっていて、マスクをして軍手をしていても真っ黒になってしまいました。

佐藤さんのお宅の方には、沢山の人生訓が貼り出されています。

どれもなるほど、と思うものばかりでした。

仕分けた品物のうち、沢山の反物を買い取らせて頂きました。これは女性の手仕事プロジェクトに使わせて頂きます。このほかにも、ワイシャツや靴下など、RQボランティアにも使えそうなものも引き取り、夜ミーティングの後で販売させて頂きました。こちらは好評で完売し、売上金は佐藤さんへお渡しする予定です。

 

 

登米ボランティア・モギ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz