今日は気仙沼市水梨の仮設住宅で、アクリルたわしの“バラ”と“タコ”の講習会を開催しました。場所は仮設内にある集会場をお借りして、10時から講習会を実施する旨お伝えしていましたが、私達が到着した9時40分にはもう15名以上のお母さんたちが集まってくれていました。

今回で2回目になる女性は既に自分で編み進めている方もいて、楽しみにしていてくれた様子が伝わりました。「根を詰めると疲れるので休みながら楽しんで編んでくださいね!」と事前に伝えてはいましたが、網目の数を間違えないように数えながら何度もやり直したり形を確認したりと、とても真剣!夢中になって製作に取り組みながらもとても楽しそうにアクリルたわしのバラとタコを作り上げました。

二時間はあっという間に過ぎ、それぞれ出来上がった作品を見せ合いながら少女のような笑顔で満足そうに歓談して講習会は無事お開きとなりました。

女性支援チーム:村松

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz