今日は各地を飛び回る忙しい一日でした。午前中に登米市米山にて次のを講座を準備中の縄リースの試作品を確認、その後気仙沼市階上(はしかみ)にて打合せを一件こなしてからバラ講習会を実施。それからフェリー乗り場に向かい大島に渡って、「つばきの島復興プロジェクト」の代表理事長と打合せ。編み物講座や手仕事プロジェクトの説明と今後わたしたちが大島の仮設住宅でどのようなサポートができるかを話してきました。

午後行われた、はしかみ交流広場での「バラのアクリルたわし」の講習会では、講師をして下さっているまつ子おばあちゃんによる直接指導が行われました。今回集まった女性たちは六名と少なかったものの編み物を心から楽しんでいる様子で、苦戦しつつもそれぞれのバラを見事に咲かせて満足そうに帰って行かれました。今日の参加者の中に、ひときわ大きな声で鼻歌を歌ったり冗談を言っては豪快に笑う明るい女性がいました。自分で作ったバラを手にして、「これはお世話になった人にあげるんだ」とぽつりとつぶやいたのが印象的でした。

 

女性支援チーム:村松

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz