今日のアクリルたわし作製講習会は「平成の森」という総合スポーツ施設内に建てられた仮設住宅に住まわれている皆さんに集まって頂きました。

どこの会場でも明るい笑い声と冗談を言いながらも真剣なお母さん達の表情が微笑ましく、できれば写真ではなく音声付の動画で残したいほど、何回やっても楽しい時間を過ごすことができます。

私たちが到着した9時45分には、まだ6名と参加者が少なかったのですが、取り纏め役の千葉さんのお声掛けが効果的だったのか、10時の開始時点で17名、途中参加を含めると合計21名のお母さん達が集まってくれました。そして、今日もユニークなタコたわしがたくさんできました!

 

タコたわしは、顔側と後頭部側を丸く別々に編んだ後、回りをぐるりと編み合わせて中に手を入れることができるように足のところが開いています。

基本的には、足のところから手を入れるように作るのがスタンダードですが、今日は左ほっぺの横を縫い合わさず、そこから手を差し込む形のタコたわしが登場し、大いにウケていました。横から手を入れたって洗うのに支障はありません!思いもよらない自由な発想に物作りの楽しさを再確認した講習会となりました。

女性支援チーム 村松

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz