10月21日に開催されたThink the Earthプロジェクト主催の『震災の

ここから、これから』(当日の様子はこちらから)に登壇したガッキーこと

新垣亜美さんのお話を聞いたライターさんが、今回エキサイトニュースの

コネタページに「エコたわし」について取り上げて下さいました。

南三陸のタコがタワシに? お母さんたちが作る「ご当地たわし」

 

 

女性支援チームが今一番力を注いでいる活動「手づくり講座」の様子は、

これまでもブログでご紹介していますが、

 

なんと11月8日までの参加者数が 延べ243人になりました!!

 

参加者は、初めての編み物に悪戦苦闘する人がいれば、

編み物の得意な方は、すぐに編み方を覚えて、みんなの先生として、

他の参加者に教えて下さる方もいらっしゃいます。

 

編み物の時間を共有することをきっかけに、

これまで同じ仮設住宅に暮らしながらもなかなかコミュニケーションの

機会がなかった女性たちに、一つの輪ができつつあります。

 

RQWでは、この冬、参加者にほっこりしてもらえる活動の一つとして、

「てづくり講座」を継続していく予定ですので、応援よろしくお願いします。

 

RQWボランティアスタッフ クリバヤシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz