ハンドクリームの作り方、ご存じですか?実は意外と簡単に作れるんです。今日は、南方仮設住宅の集会場でアロマの先生をお呼びして手作りハンドクリームの講習会を行いました。材料はミツロウ(ミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう)とオイル(ベビーオイル、化粧品用オリーブオイル、ホホバオイル等)を1:5の割合で混ぜ、香り付けにエッセンシャルオイルを数的入れてよく混ぜるだけ。ラベンダーやリラックスアロマ、サンダルウッド、マジョラムなどのエッセンシャルオイルを調合して自分好みの香りのオリジナルハンドクリームが出来上がります。今回使用するオイルはとても高価なシアバターを使わせてもらいました。

 

 ハンドクリームはエッセンシャルオイル無しでもナチュラルなやわらかい香りで、付け心地はとてもリッチで濃厚な感じ。クリームを手に塗った状態で行うハンドマッサージも実施しました。二人一組で肘から指先まで揉みほぐします。手のひらは足と同じで身体の各部位と密接につながっています。先生によると、マッサージをしているとその人の身体の調子の悪いところや悩みごとまでわかるそうです。私の手を使って先生が実際にやってみせ、手の甲から手のひら、指の先まで隅々揉みほぐされて最初は冷たかった手が次第にほかほかと温まってくるのを感じました。

 集まってくれたお母さん達は最初、ハンドクリーム作りにあまり興味がない様子でしたが、だんだん好みの香りがわかってくると何種類も調合して自分の好みを見つけては鼻を近づけてうっとりと香りを楽しんだり、照れながらもハンドマッサージをしたりしてもらったりした後、自分の作ったクリームを大事そうに持ち帰っていきました。アロマだけでも癒し効果がある上に人の手のぬくもりがこんなに心地よく、いつの間にか肩の力もぬけてリラックスしている自分に気づき、想像以上の効用にちょっと驚きました。自分の親にも今度やってあげようと思いました。

女性支援チーム 村松

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz