一般社団法人Think the Earthのウェブページ、

地球ニュース(2011年11月15日付)において、

RQ被災地女性支援センター(RQW)の手仕事プロジェクトをご紹介頂きました。

 

エコたわしで「縁づくり」-被災地で暮らす女性たちの手仕事プロジェクト

 

 

仮設住宅やみなし仮設に暮らす女性たちが編んでいる

キュートなタコのアクリルたわし。

そこにはRQWが大事にしている「地球にやさしく」というメッセージが

込められています。

RQボランティアは現地の暮らしに、地域の豊かな自然を大事にし、

環境負荷を小さくする工夫を取り入れています。

 

その中の一つとして、食器洗いは、

まず、①布きれで表面をふき取る。次に、②アクリルたわしで洗う。

最後は、③米のとぎ汁で数回ゆすぐ。

この3ステップで大抵の汚れをきれいに落とすことができます。

このことにより、使用する水の量、洗剤の量を減らしています。

 

「スポンジ代わりにするのはもったいない」という声も聞こえて

くるのですが、このタコのエコたわしを使って、

普段の食器洗いを楽しんでくれる人が増えればと、

そんな気持ちも込めて手づくり講座の開設を展開しています。

 

RQW クリバヤシ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz